災害から地域を救うLPガス災害バルク 災害から地域を救うLPガス災害バルク

USER'S INTERVIEW〜ご利用者さまの声〜

導入事例

群馬県南牧村
村役場庁舎

長谷川最定さま

群馬県
南牧村村長
 

長谷川 最定 さま

群馬県南牧村
村役場庁舎

高齢化率日本一の山間の僻地だからこそ、誰でも使いやすいLPガスを導入。冷暖房のコスト削減にもつながりました。

導入事例

学校法人 銀杏学園
熊本保健科学大学

三牧泉さま

学校法人 銀杏学園
熊本保健科学大学総務部
環境施設管理課長

三牧 泉 さま

学校法人 銀杏学園
熊本保健科学大学

災害弱者を受け入れる福祉避難所として、すべてのインフラが止まっても機能する独立したローカルエネルギーが必要でした。

導入事例

医療法人悠康会
函館整形外科クリニック

三浦幸浩さま

医療法人悠康会 理事
函館整形外科クリニック
事務長

三浦 幸浩 さま

医療法人悠康会
函館整形外科クリニック

LPガスは燃料切れや作動音の心配がなく、40時間に及ぶブラックアウトの現場でも稼働させていることを意識しなくて済みました。

電気や都市ガスの供給が停止する災害時に
LPガスがあればすぐに役立つ!

電気がつく! エアコンが使える! 食事ができる! お風呂には入れる!
電気がつく! エアコンが使える! 食事ができる! お風呂には入れる!

大規模災害時でも
エネルギーが供給できる
「LPガス災害バルクとは?」

『LPガス災害バルク』とは、LPガスを備蓄する貯槽と供給設備(ガスメーター、調整器、ガス栓 等)が一体となった設備です。
大規模災害が発生し、電気や都市ガスの供給が停止した場合でも、炊き出しや温かいお湯の提供はもちろん、エアコンを動かすことで冷暖房が利用でき、発電機で照明やスマホの充電に必要な電気をつくることもできます。

災害バルク導入補助金における設置実績

(2013~2019年度実績)

都道府県別の設置実績
都道府県別の設置実績

※平成31年度予算の繰越(越年)分3件は含まれておりません

設置場所(建物用途)別の設置実績
設置場所(建物用途)別の設置実績

※平成31年度予算の繰越(越年)分3件は含まれておりません